南の島に旅する時にありがたいなぁと感じることのひとつに、「服がかさばらないから荷物が少なくて済む」というのがあります。

いちばんに最初の海外旅行でハワイに行った時に、服装のことを考えなくていいのってなんて楽なんだろう!と感じて、それがハワイに住みたいと思った理由のひとつでした。

ノースリーブのワンピースをさっと着るだけでいい。Tシャツに短パンでいい。だらける、というのではなく、毎朝今日は何を着たらいいかな?と悩まなくてもいいというのは、体も心も本当~に快適だったんです。

最近はアロハシャツもよく着るので、それだけで襟付きのきちんとした服装になる。沖縄なら素敵なかりゆしウェアがあるといいかも。なんて楽ちん。なんて快適。着心地の良い上質な一枚があれば、本当にいろんな意味で心地良く過ごせる。

ただ・・・

冷房の冷えには気をつけよう

気をつけたいのは、お店や交通機関などの「冷房」で体が冷えてしまうこと。

外との気温差も体には負担になるし、季節によってはかなりガンガンにかかっている場所もあるから、夏でも羽織り物は必須。

自宅やホテルなら自分でエアコンの温度設定を調節できるけれど、お店や交通機関ではそうはいかないので、服装で調節できるようにしておくといいです。

南国のお店は思った以上に冷房がガンガンにかかっていることがあります。カフェでゆったりしようにも、寒いお店だと体が冷えてくる・・・「夏だから半袖だけでいいや!」と油断せずに、1枚は羽織物を持っていくようにしましょう!

長袖パーカーが便利

特に重宝するのは「長袖パーカー」で、カジュアルな服装に合わせやすく、軽くて薄手でできるだけシワにならない素材ものを選べはバッグに放り込んでおける。

それから旅先だけではなく、飛行機内も上空ではけっこう冷えることがあって、ブランケットを借りるだけでは足りない場合も。そんな時にも薄手でも上着一枚あればだいぶ違うので、機内持ち用のバッグにも忍ばせておくのがおすすめ。

そういうちょっとしたことに気を配っておくと、より元気な状態で旅を楽しめます。(←これ重要!)

マリンアクティビティなどを楽しむ人は、汚れたりしてもいいように、安いものでもいいから旅用に一枚買っておくといいのではないかな。

ちなみに今まででいちばん気に入っているのは、ユニクロで数年前に購入したワッフル地の長袖パーカー。

ユニクロ長袖パーカー

薄すぎずちょうどいいきじの厚みがあり、軽くてかさばらず、シワにならない!どんなにぐしゃぐしゃにバッグに放り込んでいても大丈夫。まさに旅にピッタリ。

しかしこれ、その年以来見かけない、、、再販希望。他に良き出会いがあるといいのだけれど!