那覇空港に到着して、出口に向かう途中に目に止まったのが「DMMかりゆし水族館」の広告。一番目立つ場所に大きな広告が出ていました。

この「DMMかりゆし水族館」は、2020年4月に那覇空港から車で約20分の場所にある豊見城市(とよみぐすくし)にオープン予定。

沖縄ガイドブックの最新ニュースなどでも見かけていて、どんな施設になるんだろう?と気になっていました。

DMMかりゆし水族館について調べてみた

旅行記の中で小ネタ的に書いておこうと、帰ってきてから調べてみたところ、なんだか思っていたよりもすごいことになっているぞ…と。

まだ詳細は出ていませんが、すでに公式サイトもオープンしています。
DMMかりゆし水族館|沖縄に新しいカタチのエンタテイメント水族館

水族館の施設としては、
最新の映像表現と空間演出を駆使した新しいカタチのエンタテイメント水族館。
というキャッチコピーで、DMMらしい最新の空間演出がされるよう。

まさか、魚がいなくて、全部映像とかじゃないよね。DMMならやりかねない。なんて言って笑っていたんですが。

展示生物種 約190種、展示生物点数 約5,000点 と概要にありました。
ちゃんと海中や水辺の生物がいるらしいです。笑

そして、最新のおしゃれな空間になるのだろうな~というのは、想像がついたのですが。所在地を見ると…

沖縄県豊見城市字豊崎 3番(大和ハウス工業株式会社の開発するショッピングセンター敷地内)


ショッピングセンター敷地内、となっています。これって何??
さらに詳しく調べてみました。

(仮称)沖縄豊崎タウンプロジェクト

DMMかりゆし水族館が入る予定地は「(仮称)沖縄豊崎タウンプロジェクト」という名称で進んでいる、大和ハウスによる大型複合商業施設内だそうで。

那覇市のベッドタウン 豊見城市「豊崎タウン」

この「豊崎タウン」は、総面積160haにも及ぶ壮大な敷地内に、観光・リゾート施設・観光関連の商業施設が立ち並ぶ「21世紀型の街」がコンセプトになっていて、この10年で人口が3倍に増加しているエリアなのだそう。


ちなみに、豊崎タウン内にある「沖縄アウトレットモール・あしびなー」も大和ハウスの運営です。

豊崎タウンプロジェクトの入居テナント

豊崎タウンプロジェクトの入店テナントとして、DMMかりゆし水族館の他にミニチュアテーマーパークやバーベキューエリアなども設置される予定。

その他に、マルシェとレストランを組み合わせたフードホールや大型スーパーマーケット、大型家電量販店、ファッション、インテリア、アミューズメントパークなども出店予定。

テナントの店舗数は、全体で約170店舗を予定していると言われています。

豊崎タウンプロジェクトの規模

2019年6月にオープンした、沖縄県最大の商業施設サンエーパルコシティと比較しても、かなりの大規模プロジェクトということがわかります。

サンエーパルコシティ豊崎タウンプロジェクト
敷地面積約85,485㎡約71,499 ㎡
店舗面積約60,000 ㎡ 約43,000 ㎡
店舗数約250店舗約170店舗
駐車台数約3,800台約3,100台


サンエーパルコシティは今回の旅で見てきたのですが(また別の記事にレビューを書きますね!)かなりの大きさ、そして、ロケーションが素晴らしかったです。

豊崎タウンも、ウォータフロントエリアの大規模開発プロジェクトなので、最高のロケーションになりそうですね。

2020年4月のオープンが楽しみです!

那覇空港からも近いみたいだし、 DMMかりゆし水族館が出来たら、一度くらい行けたらいいかも~。なんて軽い気持ちでいましたが。予想以上にすごいことになりそう。

沖縄本島の南部エリアだけでも、2泊3日くらいは必要になるなぁ…。

DMMかりゆし水族館の初年度入場者数(目標)は、約210万人!
2020年4月(予定)のオープンが楽しみです。

DMMかりゆし水族館|沖縄に新しいカタチのエンタテイメント水族館