今回宿泊する ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート は、那覇空港から車で約50分ほどの本島中部・北谷エリアにあります。

前回は国際通り近くの ハイアットリージェンシー那覇沖縄 に宿泊したので、空港からゆいレールで移動できたのですが、北谷になるとレンタカーが必要。しかし、那覇空港のレンタカー事業所はここ数年かなり混み合っていて借りるまでに時間がかかりすぎる。ゆいレール沿線の駅でレンタカーを借りるという案もあったのですが・・・

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートであれば、空港からの有料リムジンバス送迎が 片道810円・所要時間は1時間16分。

しかもダブルツリーはAコースの終点なので乗り過ごすこともなく安心です。

ということで、今回は那覇空港から有料リムジンバスでのホテル送迎を利用してみることにしました。

リムジンバスの送迎エリア・コース

沖縄バス 空港リムジンバス エリア表

沖縄の空港リムジンバスは、7つの路線があり、それぞれ立ち寄りホテルが違うので、宿泊先ホテルが決まったら 空港リムジンバスの公式サイト でどのエリア・コースに乗車すればいいかをチェックしておきましょう。(上りのみの路線もあるので注意してください)

Aエリアヒルトン沖縄北谷リゾート行き
Bエリアホテル日航アリビラ行き
CエリアANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート行き
CDエリア名護バスターミナル行き
Dエリアかねひで喜瀬ビーチパレス行き
DEエリアANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート、
ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行き
Eエリアホテルオリオンモトブリゾート&スパ行き

エリアごとの立ち寄りホテルは、この記事の一番下にまとめてあります。

エリアごとの立ち寄りホテル

近隣ホテルの宿泊・観光利用としても便利

アメリカンビレッジ

今回宿泊する ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート の場合は「Aエリア」になります。

ルートの中にあるホテルに宿泊しない場合でも、空港リムジンバスを利用することが可能です。

近くのホテルまで送迎してもらってそこから徒歩やタクシーなどで向かうこともできますから、リムジンバスを利用したい場合は近くの大手ホテルを調べておくといいですね。

アメリカンビレッジで遊んでからホテルに向かいたい場合は、Aエリアのアメリカンビレッジ内にある「ベッセルホテルカンパーナ沖縄」まで行くと便利です。

また、美ら海水族館に行きたい場合は、Eエリア(またはDEエリア)の「ホテルオリオンモトブ リゾート&スパ」へ行くと徒歩1~2分で水族館に行くことができます。

リムジンバスの料金・時刻表

空港リムジンバスの料金はホテルごとに変わり、590円(ムーンオーシャン宜野湾)~2,500円(ホテルオリオンモトブリゾート&スパ)となっています。

料金表・時刻表は、空港リムジンバスの公式サイトで確認することができます。時期によって運行時間が変わりますので、旅行の日程に注意してチェックしましょう。

事前予約は発車オーライネットで

空港リムジンバスは予約が必要です。

席に空きがあれば那覇空港に到着してから空港のリムジンバスカウンターで予約することもできますが、事前にネット予約・決済しておくのが安心。(電話予約には対応していません)

発車オーライネット

宿泊ホテル・那覇バスターミナルでも予約可能

コース内の各ホテル でリムジンバスの予約をすることも可能です。上記の発車オーライネットでのWEB予約はちょっと分かりにくい部分もあるので、ネット予約に慣れていない方は、宿泊予約をした後にホテルに電話連絡などしてリクエストするといいですね。

JTB国内旅行ツアーで「空港リムジンバス発着のある宿」を検索することもできます。

JTB国内旅行

また、ゆいレール旭橋駅のところにある 那覇バスターミナル でもチケット予約をして乗車することができます。那覇空港からゆいレールで移動して国際通りで観光を楽しんでから旭橋まで戻ってきて、空港リムジンバスでホテルまで移動する、というプランもありです。

那覇空港のリムジンバスチケット売り場

那覇空港リムジンバスカウンター

那覇空港に到着してからリムジンバスの予約をすることもできます。その場合は、1階到着ロビーにあるリムジンバスチケット売り場へ。到着口Aを出てすぐ左手の方にあります。

ただ、空きがない場合は予約ができないので、繁忙期シーズンはネット予約かホテルに連絡するなどして事前に予約をしておくことがおすすめです。

空港リムジンバスカウンター開始時間

空港リムジンバスカウンターの開始時間は11時。朝早い便で到着すると開いていないのでご注意くださいね。

那覇空港のリムジンバス乗り場

那覇空港リムジンバス乗り場

那覇空港国内線のリムジンバス乗り場は、1階到着ロビーの到着口A方面の出入り口を出て、横断歩道を渡ったところにあります。

「12 空港リムジンバス」という表示があるので、すぐに分かると思います。

北谷のヒルトンホテルへ

空港リムジンバス

発車時刻の10分前にリムジンバス乗り場をチェックしてみると、Cエリアのリムジンバスが出発した後にAエリアのリムジンバスが入ってきました。

那覇空港リムジンバス乗り場

乗車場所まで行き、係員さんに氏名を伝えて予約完了メールの画面を見せると乗車ができます。(ツアー予約やホテルで予約した場合は、紙の乗車券チケットがもらえるか予約番号などを教えてもらえると思います)

荷物は機内持ち込みサイズのスーツケースだったので席に持っていくこともできたのですが、預けてバスの荷物入れに収納して運んでもらうことにしました。

空港リムジンバス車内

座席指定なしなので好きな席に座りましょう。「Aエリアはどちら側に座ったら景色がいいですか?」と係員さんに聞いたところ、(進行方向に向かって)左側の席だと海が見えるとのことだったので左側の一番前に座りました。

無料Wi-Fi

無料で利用できるフリーWiFiもあります。

停車ボタン

頭上には停車ボタンと読書灯がありました。エアコンなどの吹出口もあったので、席の上の風は調整できます。今回乗った車両は電源などはなかったです。

空港リムジンバスからの景色

Aエリアは6つのホテルを経由して、終点が今回宿泊するダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートになります。通常は車で50分ほどの道のりですが、リムジンバスだと1時間16分かかります。

ラグナガーデンホテル

ちょっと時間が無駄というか面倒な感じもしますが、いろんなホテルが観られるのでそれもひとつの楽しみかなと。

終点であれば寝ていくこともできますから本当に楽です。運転手さんがリストで降車人数や荷物などのチェックしてくれているので、途中のホテルでも乗り過ごすということはないと思います(笑)

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

あっという間にホテルに到着~。ありがとうございました!

高速バス乗車券

とても快適に移動することができたので、帰りもホテルのフロントで予約を入れてもらい、同じ空港リムジンバスで那覇空港まで戻りました。

空港リムジンバスのエリア内の立ち寄りホテル(またはその周辺ホテル)に宿泊する場合は、リムジンバスが本当に便利!レンタカーを借りないでホテルまで行く予定の方はぜひチェックしてみてください。

空港リムジンバス 公式サイト

 

エリアごとの立ち寄りホテル

沖縄バス 空港リムジンバス エリア表

Aエリア(ヒルトン沖縄北谷リゾート行き)
→ ムーンオーシャン宜野湾
→ ラグナガーデンホテル
→ ザ・ビーチタワー沖縄
→ ベッセルホテルカンパーナ沖縄
→ ラ・ジェントホテル沖縄北谷
→ ヒルトン沖縄北谷リゾート
→ ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

Bエリア(ホテル日航アリビラ行き)
→ ホテルムーンビーチ
→ ルネッサンス リゾート オキナワ
→ ロイヤルホテル 沖縄残波岬
→ ホテル日航アリビラ
→ 読谷バスターミナル

Cエリア(ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート行き)
→ ホテルムーンビーチ
→ ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート
→ カフーリゾート フチャク コンド・ホテル
→ シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
→ リザンシーパークホテル谷茶ベイ
→ ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
→ ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄

CDエリア(名護バスターミナル行き)
→ ホテルムーンビーチ
→ ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート
→ カフーリゾート フチャク コンド・ホテル
→ シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
→ リザンシーパークホテル谷茶ベイ
→ ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
→ ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄
→ 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
→ ハレクラニ沖縄
→ ザ・ブセナテラスビーチリゾート
→ オキナワ マリオット リゾート&スパ
→ ザ・リッツ・カールトン沖縄
→ かねひで喜瀬ビーチパレス
→ 名護バスターミナル

Dエリア(かねひで喜瀬ビーチパレス行き)
→ ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
→ ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄
→ 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
→ ハレクラニ沖縄
→ ザ・ブセナテラスビーチリゾート
→ オキナワ マリオット リゾート&スパ
→ ザ・リッツ・カールトン沖縄
→ かねひで喜瀬ビーチパレス
→ 名護バスターミナル

Eエリア(ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行き)
→ 名護バスターミナル
→ ホテル リゾネックス名護
→ 記念公園前(バス停)
→ センチュリオリオンホテル 沖縄美ら海
→ ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

DEエリア(ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート・ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行き)
→ ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
→ ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄
→ 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
→ ハレクラニ沖縄
→ ザ・ブセナテラスビーチリゾート
→ オキナワ マリオット リゾート&スパ
→ ザ・リッツ・カールトン沖縄
→ かねひで喜瀬ビーチパレス
→ 名護バスターミナル
→ ホテル リゾネックス名護
→ 記念公園前(バス停)
→ センチュリオリオンホテル 沖縄美ら海
→ ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

■ 今回宿泊したホテルはこちら

アメリカンビレッジまで徒歩で行けてとても便利です♪